FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
“ブリザードの部屋”へようこそ

★☆★ [ご注意!!!] ★☆★
 このブログサイトは、成人向けのマニアックな内容を含んでいます。
 未成年の方、あるいはSM的記述を見て不快感を感じる方は、これ以降は読み進まれないよう強くお願いします。
 この先、掲載されている文章をお読みになって不快に感じられたとしても、当方は一切の責任は負いませんのであらかじめご了承ください。


 基本的に、M女性が緊縛、快感責めされて悶絶する、という内容の小説が主です。
 キーワードとしては、後ろ手縛り、手錠、磔、股縄、緊縛快感責め、緊縛野外露出、拷問、等々。

 各作品へのご感想はそれぞれへのコメントまたはトラックバックでお願いします。
 コメントいただく場合、"Name"の欄は適当な名前、"Mail"と"URL"は空欄で一向にかまいませんので、お気軽に感想コメントをください。
 また、ブログ全体へのご感想やリクエストなどは掲示板または直メールでお願いします。

 当ブログへのリンクは連絡なしで自由にしていただいてかまいません。
 相互リンクをご希望の場合のみ直メールでご連絡ください。ただし商業サイトやSM的志向が一致しないサイトについては、こちらからのリンクはお断りさせていただく場合がありますのでご了承ください。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。

 過去の全作品の目録はこちらです。

 友達大募集中です。
 FC2でSM系ブログをお書きのみなさん、ぜひブロとも申請フォームからお友だちになってください。

 コメントとトラックバックを承認制にいたしました。詳しくはこちらをお読みください。

 小説が新規掲載された時だけ読みに来たいとおっしゃる方は、こちらのエントリをお読みください。


雑文「デニムのショーパンもここまで来た」
 今日、街中で見かけた若い女性は、こんなのを穿いてました。
 日本国内の普通の街中で、プロのコスチュームとしてではなく、こういう格好で歩いているのを見たのは初めてで、さすがに二度見してしまいました。
 日本女性も自分の脚の綺麗さに自信が持てる人が増えたってことですね。

ハイレグデニムショートパンツ

 すいません。一部訂正。
 上下ともこの写真のような格好であったわけではなく、ウエストから上は普通の夏の格好でした。
雑文「緊縛美よりリアリティー」
 この辺は純粋に好みの問題と思いつつ、ですが。

 ネット上のSM系エロ画像で、亀甲縛りや菱縄でかっちりときれいに縛り上げられているのは、確かに美しいとは思うのですが、縛り上げる過程で縛られる女性の側に協力の意思がないとそこまできれいにはできないと考えると、自分の中の興奮度は若干下がります。
 あるいは、口に布を押し込まれている状態で、両手は身体の前で拘束されていて十分に口元に手が届く、なんていうのも、その気になったら猿ぐつわにされている布を自力で取り除けると考えたら、何かリアリティーに欠けるよなあと思うのです。

 自分の好みとしては、女性が自分の意思と能力では脱出できない被拘束状態に置かれ、その状態で色責めをされて、イきたくないのにイってしまう、というのに興奮します。
 被拘束状態にするのにその女性の協力がないとできないというのはリアリティーに欠けるのです。
 SMとか緊縛とか拘束とかのキーワードよりはもうちょっと狭い「DID」が好みなんだと思います。
 なので、きれいに縄を掛けるよりは、手錠やあり合わせの紐で後ろ手に拘束するほうが好みだし、全裸よりもそこら辺を普通に歩いてるちょっとセクシー系の着衣のままのほうが好きだし、「イク!イク!」と叫ぶよりは布切れを口に押し込まれて必死に首を横に振ってるほうが興奮するのです。
 エロ動画でも、舞台裏では女優さんの同意があるにしても、演技上は思いっきり嫌がってくれるほうが燃えます。
 変態だもの。
雑文「妻を愛するがゆえに、外でSMパートナーを探すという行為」
 まあ、冗談とも本気ともつかない話、ということでお読みください。

 妻のことは心から愛しています。
 人が聞いたら呆れるくらい、ベタベタに惚れています。
 妻が許してくれるなら、そして自分の体力が許すなら、今でも毎日毎晩のように抱きたい(もちろん縛って猿ぐつわを噛ませて、泣き叫びながら悶絶させて失神させるまで虐め倒したい)くらい愛しています。
 妻も愛情を示してくれてはいるのですが、仕事などで多忙であることもあり、睡眠と休息のほうが愛し合うより優先らしいのです。

 ということで、妻を愛するがゆえに、「そっちのほうは外で済ませてくる」という必要もあるのかなあと思っています。
 妻の家事負担を減らすために、「お互いに夕飯は外で食べてから帰ろうか」と提案するような感じ。

 まあ、そんな半端なことを考えている男が、おいそれと外でのパートナーをゲットできるとは思ってませんけどね。(^^;;
雑文「好みのコスプレ、好みじゃないコスプレ」
 どういうコスが好きか、というのは、男性側の好みが分かれるところだと思います。
 個人的好みを羅列してみます。(基本的に縛って犯すのが前提ですが)

○萌える
・セクシーランジェリー
 パープルやショッキングピンクのスケスケスリップとTバックショーツ。もちろんノーブラで。

・男性用シャツや前ジッパーの体操服(のみ)
 全裸の上に男性用のワイシャツやパジャマの上だけなど前開きのシャツ。後ろ手に縛ってから前をじわじわはだける。

・競泳水着
 ちょっと前に主流だったハイレグで布地極少で薄いもの。

・スポーツウェア
 ウィリアムズ姉妹のような露出度の高いテニスウェアとか、女子中高生の体操服っぽい短パンとか。

・浴衣
 足袋はNGなので素足で。もちろん中はノー下着で。

・やや開放的な夏の外出着
 膝上丈のキャミソール風ワンピに生脚でミュールとか、カジュアルなタンクトップにデニムかカーキのショーパンとか。

・スーツ
 リクルートスーツやスナックのママさん風。できればパンストではなくガーターもしくはガーターレスのもの。

・裸エプロン
 全裸もしくはセクシーショーツの上にエプロンのみ。

・バスタオル1枚
 「それ、コスプレか?」と突っ込まれそうですが。

△プラス効果なし
・セーラー服やブルマーやスクール水着などの女子校生コスプレ
 ロリ趣味は全くないのでプラス効果なし。

・アニメキャラ風
 いわゆるレイヤーさんのコス。露出度やエロ度が高くても萌えない。

・ナースやメイドや巫女などの職業系制服
 マイナスにはならないけどプラスにもならない。OLの制服はスーツに含む。

・チャイナドレスなどの民族衣装系
 これも萌えないなあ。

×マイナス効果(萎えポイント)
・足袋
 和服コスプレで足袋を履いてると萎える。「全裸に足袋」ってのも嫌だ。

 うーん、こうやって挙げていってみると、自分の好みが偏ってるのがわかるなあ。
雑文「ニュース記事からの超鬼畜な連想」
 先にお断りしておきますが、以下の文章は相当に鬼畜な内容です。



[雑文「ニュース記事からの超鬼畜な連想」]の続きを読む
全作品の目録
 過去の作品の目録です。

 作品への感想は作者への最大の贈り物です。
 一言でもけっこうですから、ぜひ感想をお願いします。
 コメントいただく場合、"Name"の欄は適当な名前、"Mail"と"URL"は空欄で一向にかまいませんので、お気軽に感想コメントをください。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。


[全作品の目録]の続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

短編「誘う女」
 こんな女がいたらいいなあ、という願望を込めて書きました。

 作品への感想は作者への最大の贈り物です。
 一言でもけっこうですから、ぜひ感想をお願いします。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。




[短編「誘う女」]の続きを読む
短編「この淫乱女!」
 止めようと思ったら自分の意思でその責め苦を止められるのに止められない淫乱女の性を描いてみました。

 作品への感想は作者への最大の贈り物です。
 一言でもけっこうですから、ぜひ感想をお願いします。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。




[短編「この淫乱女!」]の続きを読む
愛妻日記(新婚旅行の写真を見て妄想)
 よく考えたら中身は妄想ではないのでタイトルも「愛妻日記」にしておきます。

 古い写真を整理していて、新婚旅行で某ビーチリゾートへ行った時の写真をしげしげと見る機会がありました。
 モーターボートでアイランドホッピングへ行って、ホテルのある島に帰ってきた時に桟橋でボートをバックに撮ったものです。
 今とさほど変わることのない妻が、ややサイズの大きなTシャツを着た姿で写っています。
 写真にはTシャツの裾あたりまでしか写っていませんが、ボトムにはショーパンを穿いていて、その下はビビッドイエローのちょっと派手なビキニの水着だったはずです。

 あの後、自宅でする時に、あの時の派手な水着を着せてコスプレ緊縛したことがありました。
 ブラのカップが固かったので、先に外してもらったことをよく覚えています。
 水着越しに乳首と股間を愛撫されて妻が激しくよがったことも。

 今思えば、もうちょっと若気の至り的なエッチぃ写真ももっと撮っておけばよかったなあと思います。
妄想愛妻日記(ラブホの廊下で)
 ホントにやったら犯罪になりかねないですが、まあ妄想小説ということでご容赦ください。


[妄想愛妻日記(ラブホの廊下で)]の続きを読む