FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
雑文「縄と手錠と手枷、布猿ぐつわとボールギャグとガムテープ」
 拘束および猿ぐつわの道具は何が一番興奮するか、ここは人によって好みが分かれるところと思います。

1. 拘束する道具
 ガッツリと縄を掛けて縛り上げるのではなく、腰の後ろもしくは頭の上で両手首を縛って自由を奪う、ということで3つ挙げてみます。

1.1. 縄
 短い縄で手首を束ねて縛る、縄手錠で縛る、胸縄を掛けて高手小手の簡略版で後ろ手に縛る、など。
 悪くはないです。

1.2. 手錠
 警察官が使う金属の手錠です。
 とてもリアル感があっていいですが、手首に傷をつけてしまいそうなところがちょっと………です。
 かといってムートンなどをかぶせた何ちゃって手錠は興ざめです。

1.3. 手枷
 幅2〜3cmくらいの革のベルトを両手首のそれぞれに巻いて固定し、それを短い鎖でつなぐ、というもの。
 フェチグッズとしてはいいのですが、拘束するのに時間がかかるはず、ということを考えると、被拘束者が協力しないと拘束できない感がある、すなわち若干DID的にリアリティーに欠けるのが今イチかも。

 手首に傷をつけても気にならないケースだと手錠、そうじゃなければ縄手錠が次点ですかね、わたしの場合。

2. 猿ぐつわ
 個人的に開口ギャグの類いは好みじゃないです。鼻から顎までガッツリ覆うのも今イチ。
 もっと実用的に、不意打ちで口を塞いで言葉を奪えるようなものじゃないと。

2.1. 布猿ぐつわ
 大きめのハンカチやバンダナのようなものの真ん中に結び玉を作って口に押し込んで両端をうなじの後ろで結ぶ、ってのはよくやります。小さなハンカチを口に押し込んでその上から和手ぬぐいで被せ猿ぐつわというのもいいですね。ちょっと時間がかかるので若干リアリティーに欠けますが。

2.2. ボールギャグ(バイトギャグも含む)
 持ってないので使ったことないです。
 以前、布の噛ませ猿ぐつわに対して「唾液が吸い取られて口の中が痛い」と言われたことがあり、じゃあ次はボールギャグかバイトギャグでよだれダラダラにしてやろうかと思っていたりします。
 これもまあSMグッズに寄っていて、実用度は下がりますね。

2.3. ガムテープ
 はっきりいって剥がす時に痛そうだし、顔に糊が残りそうだし、やられるほうは被虐感は満載ですが苦痛だろうと思います。
 でも、DID的にはベストですね。

 やってみたい、という点では1位がガムテープ、次がバイトギャグかなあ。
 てなわけで、次は、妻が許してくれたら、ではありますが、手錠とガムテープでやってみたいです。
雑文「ツボな画像」
 超ワガママな、俺的ツボな画像、です。

・基本ポーズ
 両手首を後ろで拘束され、両膝と肩の辺りを地面に着けて腰を高く持ち上げた、バックで犯される体勢。
 膝は肩幅程度に開き、まさに「今からバックで犯される」という格好。
 既にブチ込まれていたり、手や道具で責められているのもOK。

・拘束アイテム
 両手首を縄・手錠・手枷・ネクタイ・浴衣の帯・腰紐などで後ろ手に拘束。
 猿ぐつわ必須。被せ・噛ませ・ボールギャグ・バイトギャグ・布を押し込むなど、口をふさぐものであれば何でもOK。逆に開口ギャグの類いはNG。
 首輪があるとなお良し。
 高度な縄掛けは不要。特に脚を閉じさせる格好の縄はなしで。
 目隠しはないほうがいい。全頭マスクなどはNG。

・着衣
 全裸でもいいし、上半身は半袖もしくはノースリーブを着たままでもいい。
 下半身はズボンやショーパンやパンストを履いたまま、もしくは膝までずり下ろした格好というのはNG。脚を広げさせるのに邪魔なので。
 ショーツは破るの前提で穿いていてもOK。
 和装は浴衣ならOKだが、足袋はNG。
 靴下は上半身およびスカートとのコーデ次第。基本は生脚&生足がいいが、JKコスだったら白ソックスもありだし、大人っぽい格好だったら黒のガーターレスストッキングもあり。


テーマ:緊縛・ボンテージ - ジャンル:アダルト

雑文「デニムのショーパンもここまで来た」
 今日、街中で見かけた若い女性は、こんなのを穿いてました。
 日本国内の普通の街中で、プロのコスチュームとしてではなく、こういう格好で歩いているのを見たのは初めてで、さすがに二度見してしまいました。
 日本女性も自分の脚の綺麗さに自信が持てる人が増えたってことですね。

ハイレグデニムショートパンツ

 すいません。一部訂正。
 上下ともこの写真のような格好であったわけではなく、ウエストから上は普通の夏の格好でした。
雑文「緊縛美よりリアリティー」
 この辺は純粋に好みの問題と思いつつ、ですが。

 ネット上のSM系エロ画像で、亀甲縛りや菱縄でかっちりときれいに縛り上げられているのは、確かに美しいとは思うのですが、縛り上げる過程で縛られる女性の側に協力の意思がないとそこまできれいにはできないと考えると、自分の中の興奮度は若干下がります。
 あるいは、口に布を押し込まれている状態で、両手は身体の前で拘束されていて十分に口元に手が届く、なんていうのも、その気になったら猿ぐつわにされている布を自力で取り除けると考えたら、何かリアリティーに欠けるよなあと思うのです。

 自分の好みとしては、女性が自分の意思と能力では脱出できない被拘束状態に置かれ、その状態で色責めをされて、イきたくないのにイってしまう、というのに興奮します。
 被拘束状態にするのにその女性の協力がないとできないというのはリアリティーに欠けるのです。
 SMとか緊縛とか拘束とかのキーワードよりはもうちょっと狭い「DID」が好みなんだと思います。
 なので、きれいに縄を掛けるよりは、手錠やあり合わせの紐で後ろ手に拘束するほうが好みだし、全裸よりもそこら辺を普通に歩いてるちょっとセクシー系の着衣のままのほうが好きだし、「イク!イク!」と叫ぶよりは布切れを口に押し込まれて必死に首を横に振ってるほうが興奮するのです。
 エロ動画でも、舞台裏では女優さんの同意があるにしても、演技上は思いっきり嫌がってくれるほうが燃えます。
 変態だもの。
雑文「妻を愛するがゆえに、外でSMパートナーを探すという行為」
 まあ、冗談とも本気ともつかない話、ということでお読みください。

 妻のことは心から愛しています。
 人が聞いたら呆れるくらい、ベタベタに惚れています。
 妻が許してくれるなら、そして自分の体力が許すなら、今でも毎日毎晩のように抱きたい(もちろん縛って猿ぐつわを噛ませて、泣き叫びながら悶絶させて失神させるまで虐め倒したい)くらい愛しています。
 妻も愛情を示してくれてはいるのですが、仕事などで多忙であることもあり、睡眠と休息のほうが愛し合うより優先らしいのです。

 ということで、妻を愛するがゆえに、「そっちのほうは外で済ませてくる」という必要もあるのかなあと思っています。
 妻の家事負担を減らすために、「お互いに夕飯は外で食べてから帰ろうか」と提案するような感じ。

 まあ、そんな半端なことを考えている男が、おいそれと外でのパートナーをゲットできるとは思ってませんけどね。(^^;;
雑文「好みのコスプレ、好みじゃないコスプレ」
 どういうコスが好きか、というのは、男性側の好みが分かれるところだと思います。
 個人的好みを羅列してみます。(基本的に縛って犯すのが前提ですが)

○萌える
・セクシーランジェリー
 パープルやショッキングピンクのスケスケスリップとTバックショーツ。もちろんノーブラで。

・男性用シャツや前ジッパーの体操服(のみ)
 全裸の上に男性用のワイシャツやパジャマの上だけなど前開きのシャツ。後ろ手に縛ってから前をじわじわはだける。

・競泳水着
 ちょっと前に主流だったハイレグで布地極少で薄いもの。

・スポーツウェア
 ウィリアムズ姉妹のような露出度の高いテニスウェアとか、女子中高生の体操服っぽい短パンとか。

・浴衣
 足袋はNGなので素足で。もちろん中はノー下着で。

・やや開放的な夏の外出着
 膝上丈のキャミソール風ワンピに生脚でミュールとか、カジュアルなタンクトップにデニムかカーキのショーパンとか。

・スーツ
 リクルートスーツやスナックのママさん風。できればパンストではなくガーターもしくはガーターレスのもの。

・裸エプロン
 全裸もしくはセクシーショーツの上にエプロンのみ。

・バスタオル1枚
 「それ、コスプレか?」と突っ込まれそうですが。

△プラス効果なし
・セーラー服やブルマーやスクール水着などの女子校生コスプレ
 ロリ趣味は全くないのでプラス効果なし。

・アニメキャラ風
 いわゆるレイヤーさんのコス。露出度やエロ度が高くても萌えない。

・ナースやメイドや巫女などの職業系制服
 マイナスにはならないけどプラスにもならない。OLの制服はスーツに含む。

・チャイナドレスなどの民族衣装系
 これも萌えないなあ。

×マイナス効果(萎えポイント)
・足袋
 和服コスプレで足袋を履いてると萎える。「全裸に足袋」ってのも嫌だ。

 うーん、こうやって挙げていってみると、自分の好みが偏ってるのがわかるなあ。
雑文「ニュース記事からの超鬼畜な連想」
 先にお断りしておきますが、以下の文章は相当に鬼畜な内容です。



[雑文「ニュース記事からの超鬼畜な連想」]の続きを読む
雑文「自動自縛装置」
 小説のネタにできないか考え中のアイデアです。

 たとえば、床に固定された椅子の前側の両側の脚の部分に足枷を固定。
 椅子の背もたれの後ろには手枷を固定。
 いずれもスイッチを入れてから手足をそこに突っ込んだら空気圧で手首と足首を締め付ける造り。
 自縛が完了したら、椅子の座面に埋め込まれたローターが敏感な部分を責め始める。
 純粋な独りプレイならタイマーで解放されるという設定。
 あるいは、遠距離恋愛中のS彼氏がリモートで責めて最後に解放してくれる、とか。
 リモートで責められるなら、正面に大きな画面とウェブカメラがあって、画面に悶絶する自分の自縛姿が映し出され、画面の端にS彼氏の顔が映し出されて、「いいよ。恥ずかしい格好が丸見えだよ」などと言葉責めする、とか。
雑文「猿ぐつわには2種類ある」
 大したことのない雑文です。

 ある観点で猿ぐつわを2種類に分けてみます。
 それは、「口を開くことができないもの」と「口を閉じることができないゆえに言葉を発せられないもの」の2つです。

 ほとんどの猿ぐつわは後者です。
 ボールギャグやバイトギャグ、手拭いなどの噛ませ猿ぐつわはこっちです。
 被せ猿ぐつわも、見かけだけのものではなく、実際に言葉を発することを抑止するという「ちゃんとした拘束の一環」としての猿ぐつわなら、その下で口の中に何かを押し込んで下顎を自由に動かせない状態にしているはず。

 前者に当たるのは、ガムテープなどで、口を閉じた状態で唇を開けないように固定してしまうというものですね。

 個人的好みでいうと、猿ぐつわはビジュアル的な部分よりも、責められても言葉を発することができずに喘ぎ声を上げることしかできない、という部分に被虐美を感じます。
 で、口の中に何かを押し込まれている状態で言葉にならない声を出す様よりも、唇を開くことができない状態で鼻から息を吹き出す音だけで喘ぐ様のほうが、より色っぽいと感じるのです。

 なので、できたらガムテープ系の、口を開かせないものを使ってみたいのですが、さすがに顔面にガムテープを貼り付けるというのは絶対に妻には拒否されるだろうと思うので、なかなか持ちかけられないでいます。
 絆創膏とか使ってみたらいいのかもしれませんが。

 ついでにいうと、写真や動画で猿ぐつわをされているのに両手が拘束されていないものを見ると、「自力で外せるじゃん」と興ざめしてしまいます。
 やはり、猿ぐつわは拘束して責める行為の一環であり、「言葉を発したいのに口を塞がれている」→「猿ぐつわを取り除きたいのに両手を拘束されていてそれが叶わない」→「うめき、もがくばかり」というのがエロいのだと感じます。
雑文「最近のトップアスリートの勝負用ウェアはとてもエロい」
 こんな目線でオリンピック中継を観たらバチが当たるかもしれませんが………。
 バドミントンの試合用ウェアってけっこうセクシー路線なのですね。
 テニスウェアが、よくコスプレ系エロ画像やエロ動画に採用されますが、バドミントンもいけそう。
 バドミントンの女子のユニフォームは、昔は女子中高生の体操服みたいな短パンだった気がするんですけど、いつの間にテニスウェアみたいなミニスカっぽい見た目のものが主流になったんでしょうね。

 で、考えてみたら、性能最優先のトップアスリート向け勝負用ウェアって、身体の動きを妨げないように極力布地を少なく、かつ体表に密着したデザインになりがちですから、当然露出度も高く、恥ずかしいところが透けて丸見えになる危険性も高く、非常にエロエロな着衣になってしまうなあと思いました。
 いくつか挙げてみます。

・水泳
 最近は布の性能が上がったせいで、むしろ膝の上辺りまで覆ってしまうもののほうが多いですね。
 むしろ、トップアスリートじゃない、趣味でやってるような女性のほうが、ハイレグ競泳水着の比率は高いのかもしれません。
 競泳以外の、飛び込みやシンクロはかなりセクシーです。

・体操と新体操
 ハイレグのレオタードです。
 ただ、個人的には女子の体操選手は見た目的に幼すぎて、彼女たちをネタにエロい妄想を考えるのは罪悪感が強過ぎます。
 ロリ好きな方にはいいんでしょうけど。

・球技
 昔、バレーボールのウェアがハイレグのセパレーツ水着みたいなのが流行り、それに対してもうちょっと露出度を下げるよう通達が出たような記憶があります。
 今の、お尻に密着した短パンも、あれはあれでエロいです。

・陸上競技
 これは中高生の部活レベルまで含めて、昔に比べて遥かに露出度が高くエロ度も高くなってます。
 股関節と肩関節の動きを妨げないように、体温が上がりすぎないように肌に外気が当たるように、という趣旨はわかるのですが、ハイレグのセパレーツ水着みたいな格好の若い女性が屋外で、ってのはエロ過ぎるなあ。

 個人的に、女性に着せて縛って責めてみたいスポーツウェアコスプレは、競泳水着とワンピースのテニスウェアと中高生の体操服かなあ。