FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
妄想愛妻日記(命令されるがままに)
 妻が「やる気」になってる時は、これくらいはセルフでやってくれそうに思うのです。

 妻はやる気満々で布団の上でスタンバイしていた。
 細面の顔が引き立つパステルブルーのスケスケベビードールと同色のTバックショーツ姿。
 枕の脇に赤いボールギャグと銀色に鈍く光る手錠。
「まだかかるの?」
 妻は少し急かすように言う。
 その声はすでにしっとりの湿り気を帯びていた。
 こういう時、妻の淫肉もたっぷりと潤っているはずだ。
「ごめん。もうちょっと」
 焦らすためにあえて間を空けた。
「先に用意しててくれる?」
 妻は少し戸惑ったような口調で聞き返す。
「用意って?」
「それを口にくわえて、手錠を腰の後ろでかけて、こっちに背中を向けて座ってて」
 寝室に忍び寄りながら妻の気配をうかがう。
 ボールギャグをくわえてうなじの後ろで留め金をかけ、右の手首に手錠を掛けてから腰の後ろに両の手首を回して左の手首にも掛ける。
 その体勢でボールギャグで塞がれた口で何か言ったが、おそらく
(準備オーケー)
 とでも言いたかったのだろう。
 次の瞬間、背後から急襲された妻は乱暴に両の乳房を責められた後、布団の上にうつ伏せに押し倒されて膝を立てて尻を持ち上げた体勢で貫かれてボールギャグに塞がれた口から声にならない悲鳴をあげ続けたのだった。
 何度も絶頂に昇り詰めて失神と覚醒をくり返し、最後にひときわ高い悲鳴をあげて昇天してしまうまで。
雑文「愛妻日記と妄想愛妻日記と短編小説の境界線」
 今回はホントにどうでもいい雑文です。

 ブログの「カテゴリー」の中に、「愛妻日記」と「妄想愛妻日記」があることに皆様はお気づきでしょうか。
 また、短編小説の冒頭で、「妄想愛妻日記のつもりで書き始めたら短編小説になってしまいました」というような一文があるものもあります。
 では、「愛妻日記」と「妄想愛妻日記」と夫婦が登場するリアルな短編小説はどこで分けているのか。

 まず、「愛妻日記」は基本的に実話です。
 妻の言動や妻とのやり取りの部分は実際に見聞きしたものです。
 妻が家の中でTシャツとショーツだけで目の前を歩き回って、「そんな格好してたらマジで襲うぞ?」なんてのも。
 その前後にわたしの妄想が心の声としてくっついています。

 次に、「妄想愛妻日記」は実際にあったエピソードをベースにしつつ、全体的にわたしの妄想から生まれたフィクションです。
 そういう意味では、短編小説と同じなのですが、登場人物はあくまでわたしと妻であり、特に妻のほうはキャラは実際の妻のままです。
 つまり、バリバリの真性M女ではないし、自ら野外露出をやりたがる女でもないし、ボンキュッボンのグラマーボディーでもないし、三度の飯よりヤルのが好きな超淫乱女でもないわけです。
 リアルな我が妻のキャラを変えずに、実際の妻よりもちょっとだけ夫の無茶な要望を聞き入れてくれたら……という感じの作品です。

 なので、登場人物を全く別の架空の夫婦や恋人同士に置き換えたら、その時点で短編小説に変更しています。
愛妻日記(まだまだイケる)
 久々の、妄想ではない愛妻日記です。
 リビングのテレビの正面にソファーがあるのですが、今夜の妻はソファーには座らず、その前の床にぺたんとお尻を下ろして、いわゆる体育すわりで背中をソファーにもたれさせていました。
 スウェット素材のハーフパンツ姿だったのですが、膝を立てているのと布が柔らかいので、裾が脚の付け根あたりまでずり落ちてきていて、スラリとした太ももがバッチリと露わになる脚見せスタイルでした。
 太ももの肌もとても艶やかかつスベスベで、思わず隣に座り込んで手のひらでスリスリしてしまいました。
 顔はさすがに10歳サバを読むのが精一杯かなと思いますが、スレンダーで体のラインが重力に打ち勝っていることや、体全体の肌つやや肌のハリと瑞々しさ、身のこなしや立ち居振る舞いの軽やかさからすると、20歳以上サバを読んでも通ってしまいそうな若々しさです。(25%ほどは夫の欲目です。多分)

 妻は「家の中だからこんな格好していられる」と言うのですが、一つ屋根の下に住む夫であるわたしも、まだまだ枯れ切ってはいない現役の『オス』であるわけで、まあ何というか大胆かつ自然体だなあと思います。
 妻がテレビを観るのに一生懸命でなかったら絶対に襲ってるところでした。
全作品の目録
 過去の作品の目録です。

 作品への感想は作者への最大の贈り物です。
 一言でもけっこうですから、ぜひ感想をお願いします。
 コメントいただく場合、"Name"の欄は適当な名前、"Mail"と"URL"は空欄で一向にかまいませんので、お気軽に感想コメントをください。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。


[全作品の目録]の続きを読む

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

短編「これって罰ゲームだわよ」
 これも妄想愛妻日記のつもりで書き始めたのですが、短編小説になってしまいました。
 こういうプレイ、やってみたいです。

 作品への感想は作者への最大の贈り物です。
 一言でもけっこうですから、ぜひ感想をお願いします。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。



[短編「これって罰ゲームだわよ」]の続きを読む

テーマ:★官能小説 - ジャンル:アダルト