FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
雑文「SMテイストな場面があるSF小説(その1)」
 リン・カーター作 “レムリアン・サーガ”シリーズの第1巻“ゾンガーと魔導師の王”
 Yahoo!掲示板でちょろっと書いたネタですが。

[2009.7.7 リンク修正]

******************************
 まずはこのハヤカワのカバー絵と米国版ペーパーバックの表紙絵をご覧ください。
 米国版なんてSM系アダルト小説の表紙かと思っちゃいますよね。

 ただ、個人的には片乳と太ももをあらわにしたハヤカワのカバー絵のほうが好きです。
 手首の鉄の手枷とそれから垂れ下がる鉄の鎖がそそられます。
 この本を手にした少年の日に、このカバー絵に股間を熱くしたことを思い出します。

 ただ、わたしの記憶では、ラスト前の場面で、スミア姫は太い鉄の柱に後ろ手に縛りつけられて、ドルイド僧に裸にされかかる、という展開だったように思います。
 衣服の胸のところを引き裂かれておっぱいボロリする場面が、強く印象に残っています。
 となると、米国版の表紙絵は、ちょっと違うような気もします。
 これはこれで捨てがたいですけどね。
 手前の尻尾の生えた男が持っているのが、剣ではなくて何かの責め具だったらもっと良いかも。

 ちなみに、スミア姫は片乳ポロリしたところでゾンガーに助け出されてしまいます。
 そのまま全裸に剥かれて、様々な色責めで悶絶させられるのを期待したのですが…、残念っ!
 秘伝の催淫薬を乳首と股間に塗り込まれ、イボイボ付きの張り形を股間に突き入れられて、激しくもがきながらイッてしまう、なんてね。


[2009.7.7 追記]
コメント
この記事へのコメント
待ってました~☆
多分御記憶は合っていると思います。救出前に右側がぽろり…オレンジ(というか朱色)が鮮やかで。
手首の鎖&手錠はギリシャ神話のアンドロメダを連想してしまいました。『邪神と闘うゾンガー』では水の上に顔&おっぱいだけが出ているという、武部本一郎画伯さすがの表紙ですが、もっと敵キャラも描いて欲しかったです。←欲張り
リン・カーターはファンタジージャンルの研究家としても有名なんだそうですが(“トールキンの世界”だったでしょうか?)彼もハワードの早世を悼んでコナンを書いていますし(日本では未訳)レムリアンサーガ自体がコナンへのオマージュといわれています。捕まったら「飯喰わせろ!」と喚く所は確かに似てる…(^^;)
2005/03/26(土) 21:35:38 | URL | 書・U・記 #hQytGWzM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック