FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
連載「緊縛ストリップショー」2(後ろ手縛り、猿ぐつわ、透け下着、着衣緊縛、胸縄、股縄、快感責め、悶絶)
 先週からどうも体調不良で、この週末もゴロゴロしてました。
 なかなかエロい気分にもならず、筆が進みませんでした。

 続きです。


 ブログランキングに登録しました。
 よろしかったらこちらで投票をお願いします。


******************************
 男が縄の束を手に取り、ゆっくりと解き始める。
 長い縄を二つ折りにして、女の胸乳の上下に巻き付け始めた。
 胸の下を通した縄の中央に縄の一端を結び付け、胸の谷間を通して上の縄に引っ掛けると強く引き絞った。
 その縄をホールターネックのように首の後ろに回し、再び胸縄に巻き付けてる。
 余った縄で、両脇の下でも上下の胸縄を引き絞った。
 形の良い乳房が上下の胸縄によって強く絞り出される。
 勃起して硬く尖った乳首がキャミソールの透けた薄布を押し上げてテントのようだ。
 男の手がキャミソールの裾をまくり上げ、あらわになった茂みの奥の秘裂にきりきりと縄を食い込ませた。
 そのままY字形に股縄を締め込んでいく。
 尻に回した股縄の余りを強く上に引き上げると、その端を天井からの縄に結んだ。
 女は必死に爪先立ちをして、花弁にきつく食い込む縄から逃れようとする。
 男はニヤリと笑いを浮かべてから、女の足の裏を後ろから軽く蹴った。
 女のかかとが舞台の床に落ち、同時にくぅぅっという悲鳴が猿ぐつわの下から漏れる。

 男が舞台の袖に合図を送ると、劇場係員が手籠を持って現れ、男の足元にそれを置いた。
 男は身をかがめて籠の中からローターを取り出すと、股縄を引っ張って花園に埋めるように挿し込んだ。
 電池ボックスを腰の後ろの縄の下に押し込む。
 次に取り出したのは小さなローターがぶら下がったクリップが2個。
 それをキャミソールの薄衣の上から両の乳首に挟みつけてぶら下げた。
 女が痛みに顔をしかめる。
 男はローターの先端に毛の細い刷毛を付けたようなものを手に取ると、女の背後に立った。
 股間のローターと両乳首のクリップローターのスイッチを連続してオンにした。
 同時に手にしたローター付き刷毛を女のうなじに沿わせてゆっくりと動かした。
 女は顎を突き出して激しく身体をよじらせる。
 それによって、さらに強く縄が柔肌を締め上げ、女の苦悶の表情を強くする。
 猿ぐつわの下から、んんーんっ、んんーんっ、という切な気な声が上がり続けた。
 恍惚と苦悶の長い時間の果てに、やがて最後の瞬間が唐突に訪れた。
 猿ぐつわから漏れる声がひときわ高くなったかと思うと、女は全身を反り返らせるように硬直し、次の瞬間、がっくりと崩れ落ちた。
 縄に体重を預ける寸前、男が女の身体を支え、合図を送った。
 天井から縄が落ちてきて、女の身体が優しく舞台の床に横たえられる。
 紅潮した女の顔は、恍惚の表情で満たされていた。


(完)
コメント
この記事へのコメント
具合は如何です?
体調不良がとてもよくわかります(笑)
エロ気分じゃなかったのに無理やり書き終えたって感じなんでしょうか?
書き手の体調や気分って正直に現れるもんなんですね
ブリザードさんの構成力や描写力はこの程度じゃないって知ってますから(^^)
無理されないようにお大事になさってください
2005/06/04(土) 11:51:33 | URL | 美雨 #pDDDA/dw[ 編集]
そうじゃないんですよぉ
美雨さん、コメントありがとうございます。
いえ、この後編は前編を掲載した時点でほとんど書けてたんです。
最後の推敲がちょっといい加減だったかな、という感じなんです。
影響が出るとすれば今週のですね。
まだ書けてないし。
2005/06/04(土) 16:21:52 | URL | ブリザード #I7K9yHI2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する