FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
やっぱ後ろ手に縛って押し倒すのが燃えます
みなさん、こんにちは。ブリザードです。

 日曜の夜の夫婦の営みの話です。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 エログランキング"エログー"に登録しました。
 よろしかったら上のリンクをポチッとクリックして投票お願いします。


 何となく、後ろ手に縛ってうつ伏せに押し倒して尻を持ち上げさせてバックから犯す、というのを思い描いていました。
 衣装はホールターネックのミニ丈ワンピースをリクエストしました。
 いつもは手首をX字に交差させて縛るのですが、その夜は両の親指をくっつけるように手首を揃えて縛りました。
 余った縄(実はただの紐)を肘の上の辺りに巻きつけ、腕が後ろに引き絞られるようにします。
 ハンカチを紐状に伸ばして軽く猿ぐつわを噛ませます。

 まずは布団の上に横座りにさせて、丸出しの背中を唇で責めます。
 肩甲骨の間から背骨の突起、うなじを通って耳の後ろへと唇を這わせていくと、妻の顎がビクンッと上へ持ち上がり、猿ぐつわの下から「うううっ」という声が漏れます。
 首の後ろで蝶結びになっている肩紐を解いて、そのまま胸の前へと下ろしてゆきます。
 はらりと落ちた布の下へ手を差し入れ、両の乳房を鷲掴みにして激しく揉み上げました。
 さらにワンピースの裾から片手を差し入れ、ショーツの脇から指を突っ込んで肉の唇をかき分け、肉のつぼみをつまんで刺激します。
 その間も、唇は耳の後ろやうなじを這い回っています。
 軽く押すだけで、妻は布団へ崩れ落ちてゆきました。
 そのままショーツを剥ぎ取ります。

 最初、顎と肩を枕に埋め、膝を曲げて尻を持ち上げた姿勢をとらせたのですが、わたしが突く力で前方へずれていってしまいます。
 結局、片方の脇腹を布団につけて横臥させ、上に来る脚をわたしの胸の前にがっしりと捕まえるという格好に落ち着きました。
 ホールターネックのミニ丈ワンピからあふれ出す白い太もも。
 肩紐は解かれ、乳首まであらわにされた胸。
 そして後ろ手に縛り上げられ、口にはハンカチの猿ぐつわ。
 わたしは猛々しい雄の野獣と化して妻に襲いかかりました。

 ことが済んでからの妻の言葉。
「今日はあなたがいつもより燃えているのがわかった」
 両手を頭の上で縛るより、やはり後ろで縛りのままのほうが興奮しますね、わたしの場合。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック