FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
連載「えっ、もしかしてSM?」1 (ミニスカ、ナマ脚、セクシーナイティ)
 「殿様御乱心」の続きを書こうと思ったんですが、もうちょっとイメージを膨らませたくてちょっと寝かせてます。
 こんな感じの責めをされるところを読みたい、というリクエストがありましたら、ぜひあちらのほうへ感想コメントをお願いします。

 この作品についても、この先どんな責めをされるところを読んでみたいか、リクエストがありましたらぜひコメントをお願いします。


 作品への感想は作者への最大の贈り物です。
 一言でもけっこうですから、ぜひ感想をお願いします。

 FC2ブログランキングに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。




「ごめぇん、待ったぁ?」
「いや、オレもいま来たばっか」
 可愛らしく言ったマミに、タカシは少しドギマしながら応じる。
 それもそのはず、いつもはおとなしめのカジュアルしか着ないマミが、今日に限ってやたらとセクシーな格好をしているのである。
 丈が短くておヘソが露出したキャミソール。
 思いっきりローライズで、しかも股下0cm級のデニムのミニスカ
 大人っぽいピンヒールのミュールサンダル。
 心なしか、身のこなしも何となく色っぽさを漂わせている。
「どうしたの?」
「いや…、なんでもない」
 いつもと同じように無邪気な声と口調で尋ねるマミに、タカシは必死に動揺を抑えて答える。
「そ、じゃ早く呑みに行こっ」
 マミはタカシの腕に飛びつくと、両手で彼の二の腕を軽くつかみ、その腕に自分の胸を押しつけた。
 腕に伝わる感触でキャミソールの下はノーブラなのがわかる。
 いったいどうしちゃったんだろうなぁ、とタカシは戸惑うばかり。

 居酒屋で呑んでる時も、いつもだったら向かいに座って他愛ない馬鹿話をして爆笑が絶えないのに、今日はタカシの隣に座り、時々しなだれかかるように体重を預けてきたりした。
 いつもだったら、呑み足りねぇから家で呑み直そうぜっ、そうだそうだっ、みたいなノリなのに、今日は「ねぇ、あなたのお部屋に行ってもいい?」と来た。

 マミにしてみれば一世一代の大きな賭けだった。
 タカシとは恋人同士のつもりだったし、事実、しょっちゅうデートして家にも押し掛け、時々お泊りもしている。
 だが、タカシは隣の布団で寝るばかりで、彼女に指一本触れようとはしないのだった。
 自分に女としての魅力がないのでは、という不安と、身体の奥からムラムラとわき起こる欲求不満で、ついに自分を抑えきれなくなったのだ。
 親友の、とにかくお色気攻撃で押し切っちゃいな、というアドバイスに従い、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで、普段は着ないようなエロカワ系の服を買ったのだった。
 今のところ成功してるっぽい、と彼女は半分ホッとしつつ、胸の鼓動を必死に抑えていた。
 だが、彼女にはもう一つ必殺の隠し球があった。

 タカシの部屋に上がるや否や、マミはユニットバスへ向かいながら言った。
「ね、今日も泊まっちゃっていいでしょ?」
「ああ、もちろん」
「パジャマ代わりに着替え持ってきたから着替えちゃうね」
「ああ」
 タカシも着ていた服を脱ぐとタンクトップと短パンというラフな格好になった。
 狭いキッチンの小さな冷蔵庫をガサガサと漁る。
 冷蔵庫から振り向いたタカシは、そこに立っていたマミの姿を見て、両手の缶チューハイを取り落としそうになった。
 パジャマ代わりどころじゃない!
 どう見たって下着じゃん!
 薄紫の生地の、丈が短いスリップのようなそれは、半透明と言っていいくらいの透け具合で、彼女の可愛い乳房とセクシーなビキニショーツが丸見えだった。
 棒立ちになったままのタカシに、マミは思い詰めたような表情のまま歩み寄ると、そのまま首根っこにかじりつくように抱きついた。
 タカシがついに抑えきれなくなった心の奥の欲望をかすれた声で吐き出した。
「ねぇ、縛ってもいい?」
(え、えすえむっ?! 想定外っ!)


(つづく)

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
いい!
最後の2行がすっごく効いてます^^b
続きが楽しみ~次いってきます
2006/11/26(日) 14:16:43 | URL | 美雨 #pDDDA/dw[ 編集]
いいでしょ、このセリフ
美雨さん、コメントありがとうございます。
あの、マミのセリフは、自分でも見事にハマってるなぁって自画自賛してます。
次のコメントも楽しみ。
2006/11/26(日) 20:42:37 | URL | ブリザード #I7K9yHI2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック