FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
連載「天井から吊られて」2 (着衣吊り責め)
 よく考えたら、縄を掛けてるわけじゃないので、「着衣緊縛」というのは看板に偽りあり、ですね。(苦笑)
 デニムホットパンツは個人的に非常にそそるアイテムですので、来年の夏こそ何とか妻に着せたいと思ってます。


 作品への感想は作者への最大の贈り物です。
 一言でもけっこうですから、ぜひ感想をお願いします。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。




 窓のない部屋の真ん中で天井から吊るされた女。
 口はテープで塞がれ、片方の乳房を露出し、穿いていたデニムホットパンツも足下に脱ぎ落とされている。
 Tバックショーツに指を挿し入れた男に、そこがビショビショであることを告げられて頬を真っ赤にしながら首を振る。

 熱い密壷に挿し入れた指をそのままに、男は女の背後へと回る。
 反対側の脇から回した手を露出した乳房に重ねると、手のひら全体で包み込むように力を加えた。
 女が切なげに眉をひそめながら顔を上に向けた。
 突き出したあごがビクンと跳ね上がる。
 既に固く勃起していた乳首を、男が節くれ立った指できつく挟みつけたのだった。
 そのまま指を微妙に動かしてコリコリッと乳首を押しつぶす。
 テープの猿ぐつわの下からむせび泣くような声が漏れ、眉間に深く縦じわが刻まれた。

 その間も、赤いTバックショーツの中へ挿し入れられた指は、女の熱く煮えたぎる密壷の中をゆっくりとグラインドしていた。
 今度はその指が壷の縁にある肉色の突起を摘んだ。
 ふんっという荒い鼻息とともに、女が背を仰け反らせた。
 男の指先が肉芽をざりざりと擦り上げると、女はそのスラリとしたヒップを前後左右に揺らし始めた。
 それを逃さじと、男の手のひらが女の小さく刈り込まれた黒いデルタに密着して追従する。
 女の下半身からは力が抜け、鎖と男の片腕に体重を預けている状態だった。

 男は女の体重を天井からの鎖に委ねて一歩下がった。
 テント状になっていた競泳パンツをずり下ろすと、激しく屹立した肉の凶器を女の前に突き出す。
 半ば虚ろな目で女はその黒光りするものを見つめた。
 男は女の身体の前に立って少し腰を落とすと、女の右脚をつかんで強引に持ち上げた。
 突然片足立ちにさせられて、女は必死にバランスを取る。
 Tバックショーツを引きちぎるようにずらすと、護るものもなくあらわになった黒いデルタの奥の肉の谷間へ、禍々しい凶器を突き刺していく。
 がっくりとうなだれていた女の顔が再び天を仰ぎ、苦痛と快感がその表情を支配する。
 持ち上げた右脚を自分の脇に挟み、その腕で女の背中を支える。
 同時に、空いた右手で女の露出した乳房を鷲掴みにした。
 次の瞬間、男の腰がリズミカルに激しく上下動を始めた。
 女の両の眼が、焼けた鉄棒で背中を打たれたようにクワッと見開かれた。
 そのまま瞳の中の光がゆっくりと暗黒に溶け込んでいく。
 ほとんど意識を失ったまま、女の肉は男の肉をヒクヒクと締めつけ続けていた。


(完)

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
お久しぶり
掲示板の頃、たくさんコメントしていました。ますますみがきがかかりましたねv-20
2007/01/07(日) 22:29:33 | URL | ばにら #NN0jmGmk[ 編集]
ばにらさん、いらっしゃいませ
コメントありがとうございます。
よかったら、お気に入りの箇所への感想とか、もうちょっとこういう責めが読みたいなぁなんていうリクエストなども書いてくださるとうれしいです。
では。
2007/01/08(月) 06:21:10 | URL | ブリザード #I7K9yHI2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック