FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
連載「全裸監禁契約」1
 今度も“同意あり”系の連載です。
 あくまでM女さんとの合意に基づくプレイとしての監禁です。
 合意なしでやるとかなりの重罪になりますので念のため。


 作品への感想は作者への最大の贈り物です。
 一言でもけっこうですから、ぜひ感想をお願いします。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。





「荷物これだけ?」
 ウィークリーマンションの玄関で、小さなトートバッグ1つを提げたナナに向かって、シンジは笑いながら言った。
「だって化粧ポーチと財布とケータイしか入ってないもん」
「そっか。服がなければ荷物は少なくて済むもんなんだな」
 二人は意味深な笑みを浮かべて顔を見合わせた。
「じゃ、さっそく脱いで。服は預かるから」

 SM系の出会いサイトで知り合って意気投合したナナとシンジは、すぐにお互いを信頼できるSMパートナー、いや、SMプレイが好きな恋人同士になった。
 何度めかにシンジの部屋に泊まりにきた時、TVで女性監禁事件のニュースを見たナナが、シンジにだったら監禁されてみたい、と言ったのだった。
 これにシンジもノリノリで、話はトントン拍子に進み、二人の夏休みの一週間を監禁ごっこで楽しむことにしたのだった。

 着ていたワンピースを脱ぎ、下着も脱ぎ捨てて全裸になったナナは、リビングのフローリングの上に横座りした。
「ちょっと冷たいかな」
 言いながらベッドの上に畳んであったブランケットを取ると、床に広げて座布団のようにして座った。
 その間にシンジは、ナナが脱ぎ捨てた衣類を紙袋に詰めた。
「これから一週間、オレはキミを監禁する」
 言いながら、紙袋をデスクの大きな引き出しに押し込んで鍵をかけた。

「じゃ、さっそく襲っちゃおうかな」
 シンジの手には鈍く銀色に光る手錠が2つ。
 形ばかりの抵抗を見せるナナを軽々と押さえつけ、両腕を腰の後ろに回させて手首に手錠をかける。
 バタバタと暴れる脚を抱え込むと、もう一つの手錠を両の足首にかけた。
 もはや抵抗もできずにもぞもぞと動くばかりのナナ。

 シンジは小さなハンカチを丸めるとナナの口に押し込んだ。
 バンダナを細く畳んで、猿ぐつわを被せる。
 全裸で後ろ手に手錠をかけられ、脚も拘束されて口もふさがれ、ただじたばたと身をよじるナナを見ながら、シンジのものが猛り立ってきた。
 むしり取るように衣服を脱ぎ、怒張した凶器をあらわにする。
 ナナの目がそれを求めるように切なげな表情を見せた。

 シンジはナナを抱きかかえて起こすと、膝立ちの姿勢をとらせ、その前に座り込んだ。
 ちょうど顔の高さに来る乳首にむしゃぶりつく。
 猿ぐつわにふさがれたナナの口から、切なげな喘ぎ声が漏れる。
 もう片方の乳首を指でこりこりとつまみながら、空いた手がナナの股間に差し入れられた。
 ピンク色の突起をつまみ上げられて、ナナのあごがビクンッと後ろに仰け反る。
 シンジの指が肉色の秘裂に押し込まれると、ナナは再び喘ぎながら首を前後左右に振り始めた。


(つづく)

テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック