FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
妄想愛妻日記(アナル調教もどき)
 実際には、妻はアナルNGなので、妄想でこんなことしてみたいと考えた内容です。


 まず、妻を後ろ手に縛り上げ、胸縄で乳房を締め上げます。
 和手拭の真ん中に結び目を作ってそれを噛ませ、後頭部で結んで猿ぐつわにします。
 両足首を束ねて縛り、両膝の上を束ねた縄を胸縄につないで脚を屈曲させた形で緊縛します。
 その形で布団に上に横たえます。
「さあ、今日はお尻の穴に悪戯してみようかな」
 妻は、「えっ!」という表情になり、猿ぐつわの下で「嫌っ」と叫びながら首を必死に横に振ります。
「でも、身動きできないから抵抗できないよね」
 そう笑いながら言って、首の後ろに触れた指を少しずつ下へ移動させていきます。
 指が腰の後ろに達した時、妻は激しく首を横に振り、必死に身悶えして逃れようとします。
 わたしの指は菊の花の両脇を通り過ぎて素早くヴァギナを襲い、ぐっしょりと濡れそぼったクリトリスを優しく愛撫しました。
「ああああっ」
 妻は首を仰け反らせ、両足の指をきゅっと曲げました。
 妻が逝きそうになるくらいクリトリスを責めた後、一瞬の間を置いて今度は肉の谷間に2本の指を差し入れて激しく掻き回しました。
 猿ぐつわを噛み締めながら、「くうううっ」と声を上げる妻。
 さっきとは違う意味で首を激しく左右に振ります。
 何度かクリトリスとヴァギナを交互に責めながら、時々手が滑った振りをしてアナルぎりぎりの場所を指でタッチしました。
 妻はもう嫌とは言いません。
 最後の仕上げに肉棒で貫いてとどめを刺しました。

 終わって縄を解いた後、丁重に詫びを入れたのは言うまでもありません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック