FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
短編「写真を撮ろう」
 ネタ的には妄想愛妻日記として書き始めたのですが、短編小説になりました。


 作品への感想は作者への最大の贈り物です。
 一言でもけっこうですから、ぜひ感想をお願いします。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。




 夜の住宅街を男女のカップルが寄り添って歩いている。
 女は膝上丈のトレンチコートを着せられていた。
 裾からのぞくスレンダーな脚はナマ脚で、素足にハイヒールのサンダルを履いている。
 コートの両袖には腕が通っていない。
 よく見ると、口には白い布で猿ぐつわを噛まされている。

 男に抱きかかえられるようにして歩き着いた先は、営業の終わったドラッグストアーの店の外にある証明写真撮影ブース。
 カーテンを開いて女を押し込むと、丸椅子に腰掛けさせた。
 トレンチコートの前を大きくはだけると、その下には隠すもののない白い裸身があった。
 いや、正確には、裸身には朱色の縄が菱縄縛りで掛けられており、コートの背中を腰まで落とすと、後ろ手にかたく縛り上げられているのが見える。
 コートの前を全開にして、少し湿った陰毛の中にきつく食い込む朱縄もあらわにする。

 男はカーテンを開けたまま外に出ると、撮影機に硬貨を入れ始めた。
 少し酔ったような上気した顔で、女は軽く眉間にしわを寄せていやいやと首を振る。
 男は手真似で動かないように命令した。
 フラッシュが2度瞬き、ブースの中の縄掛けされた白い裸身が明るく照らし出された。
 女は目で男に何ごとかを訴えかけるが、男はそれを無視した。
 数分後、機械から吐き出された印画紙を手に、男は女を立たせ、コートを肩から羽織らせた。
「帰りは前は閉めないで行こうか?」
 男の問いかけに、女は恥じらいながらうなずいた。

(完)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック