FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
妄想愛妻日記(波打ち際で)
 若い頃のデートを思い出して、ちょっと妄想してみました。


 行き先は海辺だから波打ち際を散歩できるようにサンダルで生足で来てね、とリクエストしていた。
 当時、まだ恋人同士だった妻は膝下丈のレトロなキャミソール風ワンピースで現れた。

 まだ人気のあまりない浜辺の駅に降り立ち、駅舎の裏でキャミソールの肩紐を下ろさせてノーブラの乳房をあらわにさせる。
 吸着式の乳首バイブをピンク色の両の乳首に噛み付かせると、彼女は軽く眉間にしわを寄せて小さく声を上げた。
 次はワンピースの裾をまくり上げさせてショーツをずり下ろし、クリトリスにも吸着式バイブを吸い付かせる。
 リモコン受信機を兼用する電池ボックスはウエストにはさんで固定する。

 波打ち際まで歩き、波の来ない場所にサンダルを脱ぎ捨てて、二人で裸足を海水に浸す。
 妻がうっとりとした目をしながらしなだれかかってきた時、おもむろにリモコンのダイヤルを少しだけ回す。
 すぐそばにいないと気づかないほどのかすかなプーンという音と同時に妻の身体がビクンと震えた。
 心持ち自分の腕をつかむ手に力が入り、少しだけ膝が震えているのがわかった。
 ポケットから手錠を取り出して妻の片方の手首に掛け、もう片方の腕を背中に回させて腰の後ろで拘束した 
 切なげな表情で小さく首を振る妻にたっぷりとキスをしてから口にハンカチを押し込んで上からバンダナで猿ぐつわを掛ける。
 沖のほうを向いて立たせ、背後に立ってワンピースの布の上から脇腹や太ももを愛撫する。
 そして、抱きすくめたままリモコンのダイヤルを大きく回した。
 猿ぐつわの下から「うううっ」という声が上がり、抱きすくめた腕の中で妻の身体が左右にうねる。
 尻に廻した手をワンピースの裾から差し入れてまくり上げ、ショーツの尻から差し入れてヴァギナに指を突っ込むと同時にその指で妻の体重を支える。

 そのあと、国道沿いの寂れたラブホの一室でさらに激しい責めに遭った妻は帰りの電車では泥のように眠りこけていたのだった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック