FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
妄想愛妻日記(とにかく今夜は縛って犯したい!)
 ここんとこ夫婦で休みの日が合わず、ちょっと悶々とした日々を送っています。
 そんな夫が、限界たまらず妻を襲って強引に縛って犯してしまうという妄想です。


 残業を終えた時には終電に駆け込む時間だった。
 明日も早くから会議があるし、睡眠時間は確保する必要がある。

 だが、だが、もう我慢ならない。
 最後の一仕事の前にコーヒーを飲んでいた時に頭に浮かんだ、薄いピンクのスリップを着た妻を押し倒して、後ろ手に手錠をかけて口に猿ぐつわを押し込んで、ショーツをむしり取って乱暴に犯すという妄想が、もう頭から離れない。

 妻がもう寝ていたらあきらめよう。
 そう思って玄関を開けた時、リビングダイニングのフローリングの上でぺたんと座って待っていてくれた妻は、妄想の中の通りの薄いピンクのスリップ姿だった。
 もう止められない。
 気がついたらフローリングの上には後ろ手に拘束されて猿ぐつわを押し込まれ、うーうーとうめき声を上げつつも期待するような潤んだ瞳をこちらに向ける妻がいた。
 頬は床に着けたまま膝を着いて尻を持ち上げさせ、薄いピンクのセクシーなショーツを引きちぎるように押し下げて少し上気したピンクの秘裂に自分のものを強く押し込んだ。
 ううっ!という声とともに妻の上体が少しだけ持ち上がる。
 そのまま後ろに座り込み、妻の腰を自分の腰に乗せて椅子に腰掛けるような姿勢にさせた。
 自身の体重が肉棒の突き刺さった秘裂にかかり、妻は鈍い悲鳴を上げながら首をのけぞらせた。
 スリップの肩紐を引き下ろして乳房をあらわにすると、乳首をつまみながら乳房全体を激しく揉みしだく。
 併せて自分の腰の上で妻の腰を激しく踊らせた。
 妻の身体を90度回転させ、横抱きにしながら激しく腰の上で揺すぶる。
 猿ぐつわの下から漏れる声は、セクシーな悲鳴に変わっていた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック