FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
妄想愛妻日記(とりあえず、バック!)
 愛妻日記の体裁で架空妄想系の短編を書いてみました。


 ラブホの風呂場でシャワーを浴びてトランクス一丁で出てきたら、妻はすでに準備完了だった。
 黒の超ミニ丈のスケスケキャミソールと、やはり黒のTバックショーツ。
 髪はうなじの少し上に上げてバレッタでまとめていた。

 ベッドの横で力一杯抱きすくめ、爪先立ちさせながら唇を貪る。
 テーブルの上に出してあった縄手錠に手を伸ばし、妻に向こうを向かせると腰の後ろで両手首を拘束する。
 そのまま両肩を下に押してフローリングの上にひざまずかせた。
 妻の顔の高さにあるトランクスを押し下げて、目の前に赤黒い肉棒を突きつける。
 両手を後ろ手に縛られた妻は、ひざまずいたまま舌と唇だけを使って奉仕し始めた。
 しばらく妻の動きに任せていたが、不意に妻の後頭部を両手でわしづかみにして自分の勝手気ままな動きで腰を突き始めた。
 後ろ手に縛られて抵抗できない妻は、ふさがれた口の奥から苦しげなうめき声を上げ続ける。

 肉棒の硬度がいっそう増したところで妻を解放してやった。
 フローリングの床にぺたんと正座した姿で放心する妻の背後にまわり、手製のバイトギャグを口に噛ませる。
 再び口をふさがれ言葉を奪われた妻は、それでも物欲しげな潤んだ目で俺を見つめた。
 脇の下に手を入れて引き上げ、上体をベッドの上にうつ伏せにさせた。
 Tバックショーツに彩られた白い尻が背中より少し持ち上がった体勢になる。

 それからしばらくの間、ずぶずぶと肉棒が肉の穴にはまり込む音と、腰と尻が当たるパンパンという音、そしてバイトギャグでふさがれた口から漏れる切なげな言葉にならないあえぎとが部屋の中を満たし続けた。

テーマ:緊縛・ボンテージ - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック