FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
短編「とってもライトなSMごっこ」
 真性のM女さんをガチガチに縛り上げてロウソク垂らして悲鳴を上げるところを鞭でビシバシ殴打して……というのとは対極の、ごく普通のラブラブカップルがちょっとだけSMっぽい行為に興味を持って……というお話です。

 作品への感想は作者への最大の贈り物です。
 一言でもけっこうですから、ぜひ感想をお願いします。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。




 3回めのラブホ。別に、ここんとこマンネリでってわけじゃないんだけど、彼の「ちょっとアブノーマルなこと、やってみたい」というお誘いに乗ってみたの。
 シャワーを浴びて、持ってきたちょっとエッチいスケスケランジェリーを着けた。
 清楚な白。でも、上気してピンク色にとがった乳首も、今にもしずくがしたたりそうな恥ずかしい肉を隠す黒い縮れ毛も、透けてしまって丸見えなのよね。
 彼はトランクス一丁で待ちかまえてた。
 がっしりと抱きすくめられて唇をむさぼり合って、もう意識が半分飛んでる感じ。
 彼に自分の両手首をつかまれて背中の後ろに回されて、何か柔らかいものを巻きつけられても何だか夢心地。
 気がついたら後ろ手に縛られた状態で何も抵抗できなくなっていた。
 背後に回った彼の両手がスケスケランジェリーの上から乳首をつまむ。
 コリコリッとつねり上げられて、気持ちいいのとちょっと痛いのとで思わず声が出ちゃった。
 ベッドのすぐ前でひざまずかされて、上体だけベッドにうつ伏せに寝かされた。
 お尻を突き出した無防備な姿が彼の目の前にさらされて、彼の鼻息が荒くなってきているのがわかる。

「嫌だったら嫌って言ってね」
 その言葉と同時に彼の指が薄衣のスケスケビキニショーツの脇から侵入してきた。
 周りを触ってじらしてから指がゆっくりと充血した花芽をこすり上げる。
「あんんっ」
 声を上げながら首を後ろへのけぞらせるわたし。
 彼の指はやがて肉の穴を存分にほじくったあと、汚い物が出るほうの穴にもすべり込んだ。
「あっ、嫌よ。そっちは嫌。汚いわ」
 そう言ったのに、彼はわたしの言葉を聞いてくれない。
 それどころか、黒い筒形のものをわたしの口にくわえさせて、うなじで紐を結んでそれを固定した。
(ずるい。「嫌だったら言って」って言っておきながら……)
 眉間にちょっとしわを寄せて煩悶するわたしを尻目に、彼の指はわたしの敏感なほうの乳首と花芽を責め続けた。
 その体勢のまま、彼のものをわたしの中に迎え入れた時、わたしはもう半分イっちゃってた。

(完)

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック