FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
雑文「さるぐつわなしでも悪くないと思った瞬間」
 基本的に縛る時は口はふさぎます。
 和手拭いの真ん中に結び玉を作って噛ませる、ハンカチを口に押し込んで被せ布、筒状の物をくわえさせてバイトギャグ、などなど。
 言葉で「いいっ!」とか、「イクッ! イッちゃうっ!」とか言われるとむしろ興ざめで、「いやっ! やめてっ!」だったらギリセーフかな、とか。

 ですが、以前にさるぐつわしてなくて妻の言葉が聞けて良かったなと思った場面があります。
 ミニ丈ワンピースだったかスリップだったかで、両手首を後手に縛り、ベッドサイドに脚を広げて立たせ、自分はベッドに腰を下ろして妻の股間を執拗に責めていました。
 妻の身体が揺れ、膝がガクガクと震えているのが見えていました。
 その時、妻が首を小さく左右に振りながら小声で切なげに哀願したのです。
「ダメッ! もうダメ……。もう立ってられない……」

 そのまま膝が折れてフローリングに倒れてしまいそうな勢いの妻の腰を両手で支え、そのままベッドの上へ倒れ込ませました。
 もはや抗うすべのない妻は、もう「ダメ」も「やめて」も言いませんでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック