FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
雑文「猿ぐつわを施す理由」
 何度か書いていると思いますが、基本的に縛る時は口をふさぎたい主義です。

 口をふさいでいないと、S男的にはちょっと萎えるような言葉を、妻が無意識に発することがあるからです。
 「ちょうだいっ!」とか「もっと!」とか「いいっ!いいっ!」とか、あまり貪欲に求められてしまうと、S男的にはちょっとテンション下がります。

 どうせ言葉を発するなら、「いやっ!やめてっ!」とか「ダメッ!ダメッ!それはダメッ!」とか「ああっ、許してっ!お願いっ!」とか、そういう哀願調の「やめてください」系のセリフのほうが燃えます。
 もちろん、そんな哀願に耳を貸すつもりはなく、より一層責め立てるわけですが。
 息の合ったプレイパートナーであれば、わかっててそういうセリフを吐いたり、無意識にそういうセリフが出るのが当たり前になったりするんだろうなと思いますが、我が妻の場合はS男である夫に頑張って合わせてくれているだけなので、そこまで求めようとは思っていません。
 SMパートナーである以前に妻ですので。

 なので、縛らせてくれた時は、ディープキスとイラマチオの次はさっさと口をふさぎます。
 以前は大きめのハンカチを三角に折って細くして真ん中に結び玉を作ってそれをくわえさせてうなじの後ろで結ぶというのが定番でした。
 が、「唾液が吸い取られて口の中が痛い」とのご意見を頂戴したので、次は結び玉の部分をラップで巻いてみようかなと思ってます。

 ごくまれに、すごくいいセリフを吐いてくれることもあるんですけどね。

雑文「さるぐつわなしでも悪くないと思った瞬間」

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック