FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
雑文「日常と非日常の境界線」
 先の雑文「着衣緊縛とコスプレ緊縛の境界線」の延長線上の話ですが。

 自分にとって着衣緊縛は日常でコスプレ緊縛は非日常と書きました。
 さらに考えを進めて、プレイ全体を日常か非日常かで分けて考えてみます。
(あくまでわたしの個人的な考えです)

 わたしにとって、妻を全裸にして犯すのは日常です。
 いつもの部屋着から脱がしていく過程で犯し始めて、半脱ぎの状態で責め続けるのも日常のうち。
 専用のセクシーランジェリーに着替えてもらうというのも日常です。
 あとは男物のパジャマの上だけ、とか、バスタオル巻きのまま、とか、そういうのも日常のうち。
 SM面では、後ろ手に手錠を掛けたり手首だけ縛ったり、乳房の上に1本だけ胸縄を掛けて高手小手縛りの超簡易版にしたり、というのは日常です。
 猿轡も和手拭いなどを用いた噛ませ猿轡は日常。

 じゃあ、非日常はというと、それ以外ということになります。
 服装でいえば、妻が普段は着ない服や、その格好のまま始めないよなというような服。
 前者はJKの制服とかパーティードレスとか競泳水着とかのコスプレ系。
 後者はセレモニースーツや冬場の外出の格好など。
 縛り方でいえば、亀甲や菱縄でキッチリ縄掛けするような芸術系の縛り方はめちゃくちゃ非日常、というか、自分は多分やりません。

 で、若干グレーゾーンかな、と思うのが、夏場の外出の格好。
 デニムのショーパンとキャミソール、とか。
 妻が若い時はそれでデートして、帰宅したらその格好のまま開始、ということもありましたので。
 今はもうそんな格好はしてくれないので非日常としておきます。
 あとは、前で縛って頭の上に引き上げて固定、とか、ベッドやクローゼット扉に大の字で、とか、昔はやったことがあるけど今はもうやらないような縛り方も、今はもう非日常ですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック