FC2ブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
短編「ホールターネックって…」
 この作品も私小説風ですね。
 というか、今度やってみたいプレイ、って感じでしょうか。


******************************
 女はホールターネックのミニ丈のワンピースを身に着けていた。
 薄いパステルカラーのシースルーのワンピースの下には下着は着けていない。
 もちろん、それは男のリクエストだった。
 ピンク色の乳首と淡く煙る淫毛が透けて見える。
 だが、その恥ずかしい箇所を手で隠すことはできない。
 後ろ手に手錠をかけられているからだ。
 時々、切な気に身体をよじるたび、手錠の鎖がガチャガチャと音を立てて、彼女に拘束されていることを思い知らせてくれる。
 哀願の声を出そうにも、口はハンカチの猿ぐつわでふさがれていた。
 部屋の真ん中に、ただ脚を広げて立たされているだけなのだが、すでに彼女の秘裂は溢れんばかりに潤っていた。

 トランクス1枚になった男が、女の背後に立つ。
 両腕で彼女の上体を抱きかかえると、形の良い乳房を手の平ですくうように揉み上げた。
 女の喉からうめき声が漏れる。
 男の指が薄い布地の上から乳首をコリコリと摘み始めると、女の声は徐々に高くなった。
 そのまま大きく開いた背中に、男は唇をそっと触れさせた。
 ヒィッという笛の音のような声を上げて、女が背筋をピンとのけぞらせる。
 男はかまわずに唇を背筋に沿わせていく。
 女が必死に身をよじるのを、乳首を摘んだ指でコントロールしながら、思うままに嬲っていく。

 ようやく背中への責めをやめた男は、今度は女の身体の前に回った。
 細い顎を指先で持ち上げると、首筋に唇を這わせる。
 両手を彼女の首の後ろに回し、ホールターネックの結び目を解く。
 片方だけ布地を徐々に下げていきながら、あらわになる肌に唇を這わせていく。
 やがて、唇がピンク色の乳首を捕らえた。
 くぐもったうめき声が上がり、女が首をゆっくりと左右に振る。
 次の瞬間、クゥーッという悲鳴が漏れて、女が必死にかかとを浮かせた。
 男の手がワンピースの裾から侵入して、無防備な秘裂に太い指が挿入されたのだった。
 男の指の動きにコントロールされるように、女は身体を左右によじった。
 男は秘裂に指を入れたまま再び女の背後に上体を回し、唇を敏感な背筋に這わせた。
 空いた片手で乳首を荒々しく摘んでねじりあげ続ける。
 女のくぐもった悲鳴が大きくなった。
 猿ぐつわに遮られてはっきりとは聞き取れないが、もうダメ、と連発しているように聞こえる。

 男は女の秘裂から指を抜いた。
 すでに腰の周りを覆うだけになっていたワンピースが、ばさっと音を立てて床に落ちる。
 男は後ろ手に縛られたままの女を横抱きにするとダイニングテーブルの脇まで運んだ。
 テーブルのほうを向いて立たせ、そのまま上半身をテーブルにうつ伏せにさせる。
 トランクスを脱いで女の後ろに立つと、うなじから背筋へと指でスーッとなぞる。
 女が必死に身をよじるが、男の指は双丘の割れ目を通って淫毛の中心へと達した。
 すでに溢れんばかりに潤った秘裂を指でたっぷりと虐めてから、男はおもむろに女の体内へ侵入していった。
 女のくぐもった、しかし甲高い悲鳴が部屋中にこだまし続けた。


(完)

******************************


検索キーワード:
 SM、緊縛、荒縄、鎖、手錠、枷、首輪、M字開脚、磔、羞恥責め、悶絶
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック